■プログラム(予定)

 

14:00~14:05 開会趣旨説明

  主催団体代表 早川 典生

 

●第一部 今年の雪の気象学的特徴について       

14:05~14:30 「北陸地方を中心とした2018/2019冬季の天候と降雪の特徴」

 気象庁新潟地方気象台 予報官 中村誠

14:30~14:55 「2018/19冬季の大気循環場の特徴」

 新潟大学理学部 本田明治

14:55~15:20 「2018/19冬季の北海道地方の様相」

 寒地土木研究所 寒地道路研究グループ 松下 拓樹

 

15:20~15:30 休憩

 

●第二部 今年の雪へ対応について

15:30~15:50 「長岡国道事務所の取組について」

 国土交通省長岡国道事務所 道路管理第二課 課長 阿部 英明

15:50~16:10 「県管理道路における雪の対応」

 新潟県土木部道路管理課 雪寒事業係 係長 渡邉和彦

16:10~16:30 「十日町地域での雪崩とICT技術を活用した点検」

 新潟県十日町地域振興局地域整備部維持管理課 主任 廣木和雄、町田建設株式会社 町田敬

 

●第三部 総合討論

16:30~16:55 総合討論

 コーディネーター : 新潟県十日町地域振興局地域整備部 瀬戸民枝

16:55~17:00 まとめと閉会

 (一社)北陸地域づくり協会 相村成一

 

●第四部 交流会

17:30~  会場:割烹「魚藤」 長岡市表町1丁目10-6 会費5,000円

 

※演題及び講演者は変更になる場合があります。